プライベートドッグラン付きの宿泊施設では愛犬と添い寝ができる!

プライベートドッグラン付きの特徴について

宿泊施設と聞くとペットとは一緒に宿泊ができない、ペット可になっていても小型犬1匹のみで中型犬や大型犬を飼育している人や小型犬を数匹飼育している人などは愛犬と旅行に行くこともできない、このような悩みを抱える飼い主さんも多いのではないでしょうか。
その点、宿泊施設の中でもプライベートドッグラン付きの場合はドッグランそのものはプライベート空間になっているので、小型犬や大型犬まで一緒に宿泊ができますし、何匹も一緒に連れていけるなどのメリットもあります。

プライベートドッグラン付きの宿泊施設は、客室となる空間がコテージや住宅などのような完全独立型になっているので、他のお客さんに気を使うことなくペットと添い寝をすることもできますし、室内には生活に必要な電化製品やキッチンなどが備わっているので、自炊を行うことで宿泊費を節約することができる、プライベートドッグラン付きになっている庭はバーベキューなども楽しめるメリットを持ちます。

プライベートドッグラン付きの客室は愛犬に最適な空間

プライベートドッグラン付きの宿泊施設は、ドッグランだけがプライベート空間になっているわけではありません。
コテージは利用者1組限定の空間になっているので、客室内を愛犬が自由に歩き回ることもできますし、寝るときなどは愛犬と添い寝することも可能です。
ペット宿泊ができるホテルの場合、愛犬と一緒に寝泊まりはできるけれども人と愛犬は寝る場所が別々なんてことも少なくありません。
家では、寝る時間になると愛犬が自分のベッドに走り込んでくる、このような飼い主さんにとって

プライベートドッグラン付きの宿泊施設は魅力的な存在といっても良いのではないでしょうか。
排便や排尿など、これらは飼い主さんとしてペットにしっかりしつけをしておくことが大切ですが、プライベートドッグラン付きの宿泊施設では、犬用のトイレや衛生用具などを完備しているので不足したときなど安心もありますし、後始末などもビニールの中に入れて専用の場所に捨てることができる、このような施設も多いようです。

まとめ

プライベートドッグラン付きの宿泊施設は、ドッグランはもちろん客室となるコテージ内も完全なプライベートな空間になっています。
ベッドなどが設置してある部屋も、愛犬が自由に出入りすることができるようになっていますし、宿泊施設の多くがペットと添い寝ができるよう配慮されているので普段から愛犬と一緒に寝ている人など安心して宿泊することができるのではないでしょうか。
ドッグランがある庭では、バーベキューを楽しむことができるなど自炊して食事代を浮かせられるのも魅力といえます。

ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。