プライベートドッグラン付きの宿泊施設の特徴

温泉付きのプライベート空間も

プライベートドッグラン付きの宿泊施設は、建物がコテージなどのような建築物になっていて内部にはキッチンや冷蔵庫、洗濯機やテレビなど生活に欠かすことができない電化製品が完備されている、長期滞在にも対応している所も少なくありません。
コテージなどのような建物は利用者1組限定のプライベート空間ですから、他のお客さんに気を使うことなく休暇を楽しむことも可能です。

プライベートドッグラン付きは、コテージなどの敷地内に囲いが設けてあり犬が思い切り走り回ることができる宿泊施設を意味します。
ペットと一緒に宿泊ができるホテルなどとは異なり、自由気ままにペットを遊ばせて挙げることができるなどの魅力もあるわけです。
また、宿泊施設に温泉が付いている場合には、ペット専用の温泉などが設置されていることもあるので、人も犬も温泉を楽しめるなどの特徴を持つところもあります。
施設によりサービス内容が異なるので、利用されるとき際にはそれぞれの特徴を比較すると良いでしょう。

プライベートドッグラン付きならサイズなどに制限がない

プライベートドッグラン付きの宿泊施設は、ドッグランそのものもプライベート空間になっていますので、大型犬や中型犬などサイズに関係なく利用できる特徴もあります。
ペットと宿泊できるホテルの中には小型犬1匹のみ、このような制限を設けているところもあるようですが、プライベートドッグラン付きの宿泊施設を使えば、犬の大きさや犬の数などに制限がありませんので、多数の愛犬を飼育されている人なども安心ではないでしょうか。

なお、プライベートドッグラン付きの宿泊施設のコテージにキッチンがある場合でも、施設内にあるレストランを利用して食事を楽しむことができたり、部屋まで注文した料理を運ぶサービスを提供しているところもあります。
さらに、ペットのご飯の用意を行っている宿泊施設もあるので、人間だけでなく地元の食材を使ったペット用のご飯を食べさせてあげたい、このようなときにもメリットを感じさせてくれます。

まとめ

プライベートドッグラン付きの宿泊施設の特徴は、文字通りプライベート空間の客室およびドッグランが用意されているコテージなどのような建物になっている点です。
コテージ内には生活に欠かせない各種電化製品が用意されているので、食事の支度や洗濯なども可能にするので長期滞在をしたいときでも便利です。
また、温泉地などにある宿泊施設の場合は、部屋の中に専用の温泉がありますし犬専用の温泉コーナーが設けてあるなどプライベートな休日をより楽しませてくれます。

ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。